就活キング

WEB版就活マニュアル登場

携帯電話業界を受ける時に知っておきたい志望動機

      2016/02/08

携帯電話業界とは、携帯電話の通信サービスを主な収入源とする会社のことです。

通信回線をサービスとして提供するには、総務省から許可を得なければならないため、許可制のビジネスです。携帯電話通信に使える電波周波数が限られているので、日本には携帯電話通信サービスを行う会社は3つしかありません。

そんな携帯電話業界を受ける時に使える志望動機について、まとめました。

携帯電話業界を受ける時に使える志望動機

14971392408_f99cea8e00_z Esplanadi at night / 124733287@N04

  • 昔から通信業界に興味があったから
  • 人々のコミュニケーションを促進する携帯電話に魅力
  • 通信に関する研究がしたいから(技術職)
  • 生活に密着しており、自分たちの仕事の社会的なインパクトが大きいから

携帯電話業界そのものへの志望動機はとても作りにくいものになっています。多くの学生は、携帯電話業界には3つの会社しかないので、業界の志望動機を考えないで、個別企業に対する志望理由を考えているようです。

そんな状況でも、目についた通信業界の志望理由は、「昔から通信業界が好きだった」というものや、「人々のコミュニケーションインフラになる仕事にやりがいを感じる」というものがあります。

技術職を志望する学生は、「通信分野の研究開発が好きだから」という志望動機を使うことが出来ます。

NTTドコモや、KDDIを受ける学生が思う、本当の志望動機は、高給や安定というところですが、それを面接の場で言うわけにはいきません。

しかし、建前の志望理由を作るもはそう簡単なものではありません。説明会やOB・OG訪問を通じて、不自然ではない志望動機を作れるように努めるべきです。

ソフトバンクを受ける学生が使う志望動機には、「孫さんのビジョンに共感したから」というものや、「チャレンジングな社風が自分に合うと思ったから」というものがあります。

携帯電話業界の基本情報

平均年収  913万円
平均勤続年数  12.9年
 平均年齢  40.1歳
 労働者数 22,065人
 業界規模  10兆9,710億円

出典:業界動向SEARCH.COM

平均年収は913万円と、非常に高いものになっています。これは、対象となる企業がの数少ないうえに、その全てが一流企業であることが要因です。

同じような理由で、平均勤続年数は12.9年、平均年令は40.1歳となっています。

携帯電話業界での代表的な会社

  • NTTドコモ
  • ソフトバンク
  • KDDI
  • 沖縄セルラー電話

携帯電話業界に興味のある学生は下記の記事を読んで、初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界情報を確認しておきましょう。

関連記事携帯電話業界の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界情報

業界別志望動機はこちら

 - 業界・職種別志望動機