就活キング

WEB版就活マニュアル登場

二輪車・バイク業界を受ける時に知っておきたい志望動機

      2016/02/08

日本のバイクは世界でとても売れています。二輪車・バイク業界は、日本を支える産業の1つです。

そんな二輪車・バイク業界を受ける時に使える志望動機についてまとめました。

二輪車・バイク業界を受ける時に使える志望動機

17575919_20eed4d659_z Old Motorcycles – IMGP2931 / please

  • バイクが好きだから
  • 環境問題の解決に力を入れている業界だから
  • 大学で勉強したことを活かせるから
  • グローバルな仕事に興味があるから
  • リチウムイオン電池などの新しいバイクテクノロジーに興味があるから

やはり、二輪車・バイク業界を受ける学生が使う志望動機として最も多いものは「バイクが好きだから」というものです。

学生時代にバイクにはまった学生などは、志望動機として「自分がいかにバイクが好きか」ということを語ることが出来ます。

子供の時に、父親のバイク好きにより、自分もバイク好きになったというエピソードを志望動機として使う学生も多いです。

ほとんどの学生は「バイクが好きだから」という志望動機を使うなか、バイク業界を受けるときに使える他の志望動機は、環境問題に絡めて作られたものです。

バイクが地球温暖化などの環境問題に与える影響は大きいため、各バイクメーカーはエコなバイクの開発に力を入れています。

「環境に優しいバイクを開発したい」などのように、環境問題に関連させて志望動機を作ると、それなりに納得感になるものになります。

その他には「グローバルで活躍したい」という志望動機も多いです。

日本のバイクメーカーは、売り上げのほとんどをインドや東南アジアなどの海外の国で得ています。

バイクメーカーに勤めたら、外国人を相手にバイクを売る仕事がメインになるため、グローバルな仕事が出来る可能性が高く、それを志望動機にする学生が多いです。

二輪車・バイク業界の基本情報

平均年収  690万円
平均勤続年数  18.2年
 平均年齢  40.9歳
 労働者数 63,479人
 業界規模  21兆1,969億円

出典:業界動向SEARCH.COM

二輪車・バイク業界の平均年数は690万円と、高めの水準になっています。平均勤続年数は18.2年と長め、平均年齢は40.9歳と高めです。

二輪車・バイク業界での代表的な会社

  • ホンダ(二輪事業)
  • 川崎重工業
  • スズキ
  • ヤマハ

日本の大手バイクメーカーは上記の4つです。上の4つの会社は、どの会社も世界で名の通った会社です。

二輪車・バイク業界に興味のある人は下記の記事にも目を通して、二輪車・バイク会社の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と、業界基本情報を確認しておきましょう。

関連記事代表的な二輪車・バイク会社の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界基本情報

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

業界別志望動機はこちら

 - 業界・職種別志望動機