就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接でよく聞かれる質問63コ

63second

面接を受けている人に関する質問

面接を受けているその人自信についての質門です。その人の価値観などを探ろうとしています。

将来に関する質問

自分自身の将来についてしっかりと考えられているのか、その将来になっていたい姿に沿った選択を今現在しているのかを、将来に関する質問では問われます。

過去の経験を問う質問

面接を受けている人の過去の経験を聞くことにより、その人の行動パターンを測ろうとしています。

大学生活に関する質問

自由な時間がたくさんある大学生活にしていたことは、その人の性格を大きく反映します。当然、就活の面接でも頻繁に質門されます。

就職活動に関する質問

就職活動にどのような考えや姿勢で取り組んでいるのか、ということも、面接を受けている人の性格を反映します。

志望動機に関する質問

ほとんどの場合において、面接の場では志望動機に関する質門が聞かれます。

仕事に関する質問

応募者の仕事に対する考え方などが、その会社の社風と合うかどうかというのは、人材採用の時には大切な視点です。仕事に関する質門には上記のようなものがあるので、しっかりと対策をしておきましょう。

性格に関する質問

直接的に、応募者の性格を問うような質門をされることもよくあります。自分の性格とは、一言でいうと、どのようなものなのかを言えるようにしておきましょう。

能力(スキル)に関する質問

新卒の就職活動ではあまり重視されませんが、ないよりあった方が良いのが、仕事をする上で役にたつ能力やスキルです。能力やスキルに関する質門には上記のようなものがあります。

会社に関する質問

応募者が、面接を受けている会社に対してしっかりと理解をしているのかを測るための質門が、「会社に関する質門」です。

会社への理解は、その学生の「その会社への志望度」と密接に関係してくるので、会社のことを深く理解している姿勢を見せることは、面接の場では非常に重要です。

覚悟を問う質問

覚悟を問う質門というのは、確認をする質門というのと同義です。迷わずに、「大丈夫です!!」と回答するのが基本になりますが、馬鹿の一つ覚えのように答えると、トンチンカンなことを言ってしまう可能性もあるので、上記の記事に目を通して、質問者の意図を把握するようにしましょう。

新卒の面接で聞かれる質問はある程度決まっています。想定されている質問に対して、答えを面接前に用意しておけば、それだけで面接に合格する可能性は上がります。この記事では面接で良く聞かれる質問63コと、その適切な答え方について解説した記事を紹介しています。就職活動を本格的に始める前、または面接を受ける直前などに、これらの記事に目を通して、以下に挙げられている質問をされても大丈夫なように対策をしておきましょう。