就活キング

WEB版就活マニュアル登場

就職活動を始める前に揃えておくべきリクルートスーツ

      2016/03/03

これから就職活動を始めようとしている学生の皆さんは、長期に渡るであろう就職活動を乗り越えるために、リクルートスーツを揃えなければなりません。

しかし、どのようなスーツを何着用意すれば良いのか分からない学生も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、就職活動を始める前の学生の皆様が用意しておくべきリクルートスーツの種類とその枚数について紹介します。

就職活動に必要なリクルートスーツの枚数

5079233442_0c135af32c_z suit up day 2010 / toco

就職活動をしている学生が持つスーツの平均的な枚数は2枚です。

スーツは学生にとって高価なので3枚や4枚持っている学生は少ないです。

また、連日面接のために出かけなければならない状況も、新卒の就職活動ではたびたびあるので、スーツを1枚しか持っていないと足りないです。同じスーツを二日連続で着ていくと、シワなどが目立つので、第一印象が悪くなってしまう可能性があります。

お金と、就職活動におけるパフォーマンスのバランスを考えた最適な枚数が2枚なので、多くの学生が所持しているリクルートスーツの枚数は2枚ということになっています。

リクルートスーツとは?

リクルートスーツとは、就職活動をするために着られるスーツのことを意味します。普通のスーツと種類の違いがあるわけではなく、その用途からリクルートスーツという名前がついています。

日本では普通、リクルートスーツと言ったら、学生が購入可能な安価な、黒を基調とした無地のスーツのことを指します。

リクルートスーツを選ぶ時のポイント

リクルートスーツを選ぶ時には以下の点に注意するようにしましょう。

  • 黒を基調とした無地を買う
  • 店員さんにサイズなどを見てもらう
  • 店員さんの商売文句に騙されすぎないようにする

黒を基調とした無地を買う

スーツは黒を基調とした無地のモノを買うようにしましょう。何故なら、それが最も無難だからです。

服装でリスクを取る必要は全くありません。黒ではないスーツを着て、カッコつけて選考の場に臨み、周りの学生との違いのために浮いて目立ってしまい、面接官から低評価を貰ったら、勿体なさすぎます。目立つなら面接の時の話す内容で目立つようにしましょう。9割の学生が黒のスーツを着ているなかで、わざわざ他の色のスーツを着ていく必要性はこれっぽっちもありません。

多くの紳士服店では、「就職活動応援フェア」などのキャンペーンをしているので、そこで進められているリクルートスーツを買えば、問題ないです。

店員さんにサイズなどを見てもらう

スーツを買う時には、そのスーツの自分の体へのフィット感を、紳士服店の店員さんに見てもらうようにしましょう。

紳士服店で働く店員さんはスーツのプロなので、サイズ感などの意見は正しいです。自分で鏡を見てサイズを決めるのではなく、店員さんに相談してサイズを決めるようにしましょう。

リクルートスーツを買う紳士服店を選ぶときには、店員さんがマンツーマンで付いてくれる店を選ぶようにするべきです。

店員さんの商売文句に騙されすぎないようにする

紳士服店の店員さんの意見を参考にするのは非常に良いことなのですが、店員さんの意見を聞きすぎるのも問題です。

紳士服店で働く店員さんは、商売なので、出来るだけ高いスーツや、必要性の薄い他の就活関連商品や、スーツの袖カットや滑り止め取り付けなどのサイドメニューなどを勧めてきます。

これらの店員さんの提案にホイホイと乗っていたら、たちまち自分のお金が無くなってしまうので、店員さんの意見をすべて素直に聞くのはやめておきましょう。

店員さんがその行為を行うメリットやモチベーションなどを考えながら、店員さんの意見を聞くようにすれば、無駄なお金を使うことも無くなります。

ただ、サイズ感に関しては、紳士服店で働く店員さんは間違いなくプロです。多くの同世代の学生のスーツ購入に立ち会ってきているはずなので、サイズに関しての意見は大いに参考にするべきです。

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

就活基礎知識はこちら

 - 就活前にやっておくべきこと